矯正歯科の流れと費用

矯正治療の流れ

①相談
口腔内を拝見させていただき、どのようなことを気にされているのかをお聞きします。
②精密検査
顔面写真、口腔内写真、口腔内模型、パノラマレントゲン写真、顎関節レントゲン写真、頭部レントゲン規格写真(正面、側面)等を診断の資料として検査させていただきます。
③矯正診断
精密検査により得られた資料を基に診断をします。
診断結果から、治療方針、治療方法を決定し、患者様にご説明させていただきます。
④動的矯正治療
顎や歯を動かして、患者様にあった咬合の改善と再構築を目指します。
この治療期間を動的矯正治療と呼んでいます。
⑤静的矯正治療
動的矯正治療が終了し、患者様にあった咬合状態に再構築できました。これで終了してしまうと後戻りといって、もとの状態に戻る可能性がありますので、装置をはずした後に、保定装置を装着していただき、後戻りを防ぎます。歯を動かす動的矯正治療に対して、歯を動かさないことに主眼を置いた治療になりますので、静的矯正治療と呼んでいます。
  • 検査期間
  • 動的矯正期間
  • 静的矯正期間

こどもの矯正治療を進める3段階

矯正治療は、概ね①早期治療(矯正前処置:口腔筋機能訓練法)、 ②初期治療(一期治療)、 ③本格治療(二期治療)に分類されます。患者様の状態やご要望に合わせてどの段階でどの治療に移行するかを決定いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

①早期治療

呼吸、咀嚼、嚥下、会話など、日常の習慣を改善し正常な機能の回復を目的としています。口腔周囲筋をトレーニングすることで改善します。

②初期治療(一期治療)

顎顔面の成長発育が旺盛な時期なので成長を妨げる要素を取り除く目的で行うこの時期の治療は非常に重要で、上顎下顎の骨体部および歯槽骨部の成長をより正常に導いたり、歯の萌出異常を最小限に抑え正常な位置に導いていく治療です。

③本格治療(二期治療)

発育が終了した顎顔面に対して、審美的な観点を加味して機能的に歯を配列していく治療で、初期治療で残ってしまった、または解決できなかった問題点を、歯を移動することにより個人の顔貌と調和した理想的な咬合に作り上げる治療です。

料金について

不正咬合を指摘された方々の中で矯正治療を希望しておられる患者様の多くが気にされている治療費についてお話しします。
治療費は、症状によって変わりますが、おおよそ20万円から80万円です。精密検査後に診断し、治療計画・治療方針・治療方法をご説明時にお話します。

お支払い方法は、一括、分割のどちらでも結構です。矯正治療が始まってから1年以内にお支払いください。碧海信用金庫東海北支店のローンもご利用できます。(4.0~4.5%、審査あり、住居区域指定あり、担当:田中)

早期治療
(乳歯列期:3歳~)
検査料 ¥30,000(税別)
装置代(6個まで)
+筋機能訓練
¥170,000(税別)
毎月処置料 矯正料金に含まれる
合計 ¥200,000(税別)

※早期治療で良好な結果が得られない場合、初期治療に移行するようにお勧めしますが、強制は致しませんので相談の上判断してください。

初期治療
(乳歯列期、混合歯列期、永久歯列前期:6~12歳)
検査料 ¥30,000(税別)
矯正料 ¥320,000(税別)
毎月処置料 矯正料金に含まれる
矯正後検査料 矯正料金に含まれる
合計 ¥350,000(税別)
※早期治療から継続の場合 
追加 150,000円(税別)

※開始時期が遅かったり顎の成長発育が十分でなかった場合、歯並びをもっときれいにしたい場合などは本格治療に移行するようお勧めします。

本格治療
(12~18歳)
検査料 ¥30,000(税別)
矯正料 ¥670,000(税別)
毎月処置料 矯正料金に含まれる
矯正後検査料 矯正料金に含まれる
合計 ¥700,000(税別)
※早期治療から継続の場合 
追加 350,000円(税別)
成人矯正
(18歳以上)
検査料 ¥30,000(税別)
矯正料 ¥770,000(税別)
毎月処置料 矯正料金に含まれる
矯正後検査料 矯正料金に含まれる
合計 ¥800,000(税別)
※早期治療から継続の場合 
追加 350,000円(税別)